PanasonicリフォームClub
TOP TOP > リフォーム事例・お客様の声 > デザインアワード > デザインアワード2018 > 全国最優秀賞 マンションリフォーム 愛知県 S様邸

全国最優秀賞 マンションリフォーム 愛知県 S様邸 好きなものだけでつくったオトナヴィンテージな快適空間

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo

お気に入りのインテリアと機能性を考え抜いた家

 ひとり暮らしを始めるにあたり、マンション購入を考えたというS様。新築マンションを見学したもののピンと来ず、友人にすすめられたのがリフォームでした。相談するうち、間取りからインテリアまで、ここまで自由に変えられることに驚いたと言います。
 プランのスタートは、たくさんの洋服や靴をたっぷりしまえる収納があることと、過ごす時間がいちばん長いリビングを居心地よくすること。次に1日の生活パターンを徹底的に考え、玄関からリビング、キッチンと、どこへでも回遊できる間取りを決めました。
 ヴィンテージ感溢れるインテリアの方向性を決定づけたのは、ある建具屋で見つけたアンティーク扉。逆算してその扉にぴったりのヴィンテージ空間をつくり上げるため、担当者といっしょに建具・建材ショップを回り、壁紙やタイルなど細部に至るまで選び抜きました。S様がもうひとつこだわったのは、メンテナンスのしやすさ。リビングの床材は埃が目立たない色みで、経年で味わいが増すものを選び、洗面所のシンクは水が飛び散りづらいよう、大きいものを探しました。レンジフードは10年掃除不要のモデルを選んでいます。
 「居心地のよさに、休日は友人を招き、家で過ごすことが増えました」とS様。今でもこの部屋にぴったりの家具を選ぶのが楽しいのだとか。“オトナヴィンテージ空間”の進化はまだまだ続きます。

担当者とつくり上げた自分好みの住まい

S様(施主様)購入するなら徹底的に自分好みの空間にしたいと思っていました。担当者の方はやりたいことに対し、一度も「できない」と言うことなく、プロ目線で提案をしてくれました。おかげで妥協なく、我ながら惚れぼれとするような部屋をつくり上げることができました。

イメージの共有をしながら理想をかなえるお手伝い

林 友子 さん(ショップ担当者・写真左)虎澤 諒 さん(ショップ担当者・写真右)理想をはっきりとお持ちの施主様なので、画像を送り合ってイメージを共有。提案を練り上げ、建具なども一緒にリサーチしました。インテリアを壊さないよう、インターホンをリビングから見えない場所に取り付けるなどの提案も。やりがいのあるリフォームでした。

総費用約950万円

・施工期間/45日
・建物/マンション
・工事面積/66㎡
・家族構成/1人(施主様)
・築年数/29年

使用したパナソニック設備建材
・システムキッチン「ラクシーナ」
・システムバスルーム「MR-X」
・トイレ「アラウーノSⅡ」
・スイッチ「クラシックシリーズ」
Before After

リフォーム事例コンテスト デザインアワード

デザインアワードとは

VR体験できます

リフォーム
トレンド

審査員
インタビュー

リフォーム
ならではの
アイデア集

デザイン
アワード事例集
プレゼント

ページの先頭へ