PanasonicリフォームClub
TOP TOP > リフォーム事例・お客様の声 > デザインアワード > デザインアワード2018 > 全国最優秀賞 グランドリフォーム 山口県 M様邸

全国最優秀賞 グランドリフォーム 山口県 M様邸 家族のスタイルに合った動線を機能的なラスティックデザイン

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo

築40年超の昭和家屋がおしゃれで便利な住まいに

 「日本風だった昭和の家がこれだけ変わるのですね」。吹き抜けのように開放的なリビングを見渡すご主人。勾配天井にはシーリングファンがゆったりと回り、風を家全体に送ってくれます。ダイニングとリビングがひとつの空間になり、「自然にみんなが集まるので、家族の会話も増えました」と奥様。
 築43年の平屋を、現代のライフスタイルに合わせてリフォームされたM様。住んでいたマンションが手狭になり、住み替えを決意されました。そこで力を発揮したのが「家検(いえけん)」。住まいのプロが耐震性や耐久性など約70箇所を点検した結果、天井や土台がそのままでリノベーションできることを確認。「中古物件ならではの不安が解消し、安心してお任せできました」
 リフォームの特長は生活者目線が行き届いていること。仕事で忙しい奥様のために一番長く滞在するキッチンを家の中央に設け、回遊動線を確保。床は保温性があるパインの無垢材を使用しました。長期優良住宅化リフォーム推進事業の認定も取得。耐震性・断熱性能を上げ、快適で安心な家になりました。長く使うほど、自然素材の肌合いが増します。
 素朴な風合いを残したデザインながらも現代のライフスタイルに馴染む動線を実現し、高性能化した家。「子どもたちが巣立ってからも、快適に暮らせそうですね」とご夫婦は笑います。

家族全員の想いがかなった理想的なリフォーム

M様(ご主人)夫婦共働きのため、使い勝手のいい実用的なリフォームを望んでいました。開放感のある室内で収納スペースが充実していて、家事動線のことも考えられています。広いリビング・ダイニングで家族それぞれ好きなことができ、みんな自然に集まってくる家になりました。

ライフスタイルに合った想いを形にするための提案

村田 美知子 さん(ショップ担当者)まず、家事動線の効率化をはかるために、キッチンを真ん中へ。買い物から帰ってきて荷物を置いて…など、自分の主婦としての目線でも家事動線を検討しました。建具を少なくしたのもポイントです。目指したのはきれいなだけの空間ではなく、住んでみて心地よい住まいです。

総費用約1,620万円

・施工期間/110日
・建物/戸建て
・工事面積/114㎡
・家族構成/4人(ご主人、奥様、お子様2人)
・築年数/43年

使用したパナソニック設備建材
・システムキッチン「ラクシーナ」
・カップボード「 ラクシーナ」
・システムバスルーム「オフローラ」
・ランドリーラック「シーライン」
・トイレ「アラウーノSⅡ」
・内装ドア「ベリティス」
・スイッチ「クラシックシリーズ」
・照明器具
・サイディング「セラディール」(KMEW)
Before After

リフォーム事例コンテスト デザインアワード

デザインアワードとは

VR体験できます

リフォーム
トレンド

審査員
インタビュー

リフォーム
ならではの
アイデア集

デザイン
アワード事例集
プレゼント

ページの先頭へ