Panasonic リフォーム Club
TOP TOP > キッチンのリフォーム

キッチンのリフォーム

Kitchen

キッチンの選び方のポイント

1スタイルと間取り

料理に専念?コミュニケーション重視?

オープンキッチン、対面キッチンといっても、その中身は色々です。
「家族と会話しながら料理したい」「集中して料理したい」「散らからないようにしたい」など、それぞれのライフスタイルやスペース条件、インテリアを考えて、あなたの暮らしに最適なレイアウトとスタイルを選んでください。

  • A:壁付プラン

    ダイニングまで開かれたスタイル。シンプルな動線で料理から配膳、片付けまでスムーズにこなせます。
  • B:フラット対面プラン

    吊り戸や壁がないフラットなカウンター。みんなでキッチンを囲んで、一緒に料理を作ることもできます。
  • C:造作壁対面プラン

    キッチン部分を目隠しして、収納もたっぷり確保できるプランです。煙や臭いが広がるのも防げます。
  • D:ステップ対面プラン

    ダイニング側からの視線をカットして、キッチン部分をゆるやかに区切ります。散らかりも目につきにくくなります。

動きやすいサイズは?

キッチン本体と食器棚の間は80~120㎝が動きやすいサイズ。コンロ・シンク・冷蔵庫を結ぶワークトライアングルは右図を目安にしましょう。
キッチン本体の高さは使う人の身長(㎝)÷2+5㎝で考えましょう。

2調理スタイル

横並びコンロで広がる作業スペース

夫婦で調理したり、ホームパーティなど複数で作業するケースも増え、
そんな時に動きやすいキッチンが選ばれています。

  • コンロ手前のスペースが使える。

    コンロを横並びにしたら手前に16㎝もスペースが。お鍋の近くで盛り付けもできる。

  • シンクの一部が作業スペースに。

    水切りネットを左へスライドして作業スペースを広げれば、まな板や材料を置いて作業できる。

  • マルチワイドIH

    横並びの4つの鍋を同時加熱できる。

  • トリプルワイドIH

    横並びの3つの鍋を同時加熱できる。

  • トリプルワイドガス

    ガスコンロでも、横並びが選べる。

3収納

見やすく出し入れしやすい引き出し式が主流に。

種類も量も多いキッチン収納。奥まで見渡せる引き出し式収納なら
たっぷりしまえて、サッと出し入れできます。

  • 引き出しの中も使いやすい工夫がいっぱい。

    手前によく使うまな板や包丁のスペース(左)。内引き出しで高さも活かす立体収納(中)。自在に仕切れるパネルでスッキリ(右)。

4お手入れ

おそうじのしやすさが調理を楽しくする。

汚れにくくお手入れしやすいキッチンなら片づけもぐんとラクに。
その分、料理に楽しく腕をふるえます。

  • フラットなトッププレート

    凹凸のないシンプルなデザインで、ササッと拭ける。

  • 一体成型でスキマレスなシンク。

    継ぎ目やスキマがないから汚れがたまりにくく、サッと洗い流せる。

  • ファンのおそうじが10年間不要

    油汚れは毎回自動でおそうじするから、ふだんはサッと拭くだけ。

    ※ ファンは10年に1回、ラクウォッシュプレートは1年1回のお手入れが必要です。使用状況によりお手入れ頻度は変わります。

リフォームのご相談はPanasonic リフォーム Clubに

ページの先頭へ