PanasonicリフォームClub
TOP TOP > リフォームの基礎知識 > リフォームQ&A > 戸建てリフォームについて > Q2.家の構造で、リフォームの自由度が変わるの?
リフォームに関する質問にお答えします
リフォームQ&A

戸建て住宅リフォームでおさえておきたいポイント

Q2

家の構造で、リフォームの自由度が変わるの?

A2

家の構造によって、間取りの自由度が決まるため
事前にチェックが必要です。

  • ○ 間取りの自由度は高い

    建物を支える柱は移動できないが、間仕切りになる壁はかなり自由に移動できる。

    木造軸組工法(在来工法)
  • △ 間取りの自由度は高い

    鉄骨系の場合は、自由度は高い ○、木質系・コンクリート系は制限がある △

    プレハブ
  • △ 間取り変更に制限がある

    間仕切りは取り外すことができないので変更には制限がある。また、窓を大きくしたり、増やしたりするのも難しい。

    2X4工法(枠組壁工法)

現場調査はPanasonicリフォームClubにお任せください。

実際にご自宅へお伺いし、構造的な制約がないかを調査いたします。その上でどんなリフォームができるのかをお話しいたします。
お部屋の間取りや、家に対する不満や要望など詳しくお聞かせいただければ、お客様にぴったりのリフォームがどんなものかアドバイスいたします。


ページの先頭へ