PanasonicリフォームClub
TOP TOP > リフォームの基礎知識 > リフォームQ&A > マンションリフォームについて > Q2.水まわりの場所は変えられる?
リフォームに関する質問にお答えします
リフォームQ&A

マンションリフォームでおさえておきたいポイント

Q2

水まわりの場所は変えられる?

A2

排水管の位置・構造で水まわりのプランが決まります。

  • △ 下の階の天井裏に排水管が通る場合、移動はむずかしい。

    築年数の古いマンションによく見られるタイプ。排水管が動かせないため、自由度は少ない。

    下の階の天井裏に排水管が通る場合
  • △ 床下にゆとりがないと水まわりの移動は難しい。

    コンクリートスラブと床の間の高さが低いと水を流すための勾配がつけられず、移動に制約がでてくる。

    床下にゆとりがない場合
  • ○ 床下の空間にゆとりがあると、移動しやすい。

    最近のマンションによく見られるタイプ。梁の向きを逆転させた逆梁工法のため、床下にゆとりがあるので排水の勾配がつけやすく、水まわりの移動もしやすい。

    床下の空間にゆとりがある場合

現場調査はPanasonicリフォームClubにお任せください。

実際にご自宅へお伺いし、構造的な制約がないかを調査いたします。その上でどんなリフォームができるのかをお話しいたします。
お部屋の間取りや、家に対する不満や要望など詳しくお聞かせいただければ、お客様にぴったりのリフォームがどんなものかアドバイスいたします。


ページの先頭へ