Panasonic リフォーム Club
TOP TOP > アイディアリフォーム集 > 「動く壁」で空間を使い分ける

アイディアリフォーム集

「動く壁」で空間を使い分ける

コーナーを仕切ったり、部屋を連続させて使ったり

前後に開閉スペースが取られない引戸は、間取りへの汎用性が高く、
洋風の住まいにも取り入れられることが増えてきました。
「動く壁」として閉めれば落ち着いた空間に、開け放てば部屋を連続させて広々と使えるなど、
目的に合わせて空間を自在に使い分けることが可能になります。

キッチンやリビングの一角を「動く壁」で仕切れば
主婦の家事コーナー、ご主人のパソコンコーナーなどが手軽に作れます。
散らかしぱなしでも来客時にはサッと隠せ、
すっきり片付いた空間でもてなせます。

  • 「動く壁」はテラスに面したLDKの大きな開口にも。

  • LDKの一部をL字で仕切り、寝室など個室をつくる。

  • LDKをT字で仕切り、二つの部屋をつくることも。

  • 「動く壁」を開け放てば、広々としたワンルームに。

子どもが成長したら「動く壁」で仕切って独立した子ども部屋に

将来的には「動く壁」で仕切って
独立した子ども部屋にできるように工夫。
子どもが小さいうちは
両親の寝室の畳コーナーとして使用するスペース。
リフォーム前リフォーム後

2階の子世帯の寝室は
将来仕切れるように工夫。

岩手県C様邸 
施工会社:リファイン水沢

「動く壁」を開けると家事コーナーとリビング収納

リビングの一部を「動く壁」で仕切り、
家事コーナーと収納スペースに。

来客時にはサッと閉めれば、おもてなし空間に早変わり。

リフォーム検討後、
建替に変更。

リフォーム前リフォーム後

対面式キッチンの背面に
引戸で仕切れる家事コーナー。

愛知県I様邸 
施工会社:リファインおおぶ

ページの先頭へ