PanasonicリフォームClub
TOP TOP > リフォームでもっと暮らしを愉しもう > Enjoy! DIY > 美しく飾る16.粘土をくるりと巻いて、フラワーコーンの一輪挿し

美しく飾る

Enjoy! DIY

粘土をくるりと巻いて、フラワーコーンの一輪挿し

自然乾燥だけで固まる粘土は、手軽に陶芸体験ができて人気です。正方形に伸ばした粘土をくるりと巻いて、コーンのカタチに成形。絵の具を混ぜたり、絵付けをしたり。壁に飾れば、フラワーコーンのかわいい一輪挿しになります。

<用意するもの>

●石粉粘土、素焼き調粘土
●ジェルパウダー
●絵の具
●ヘラ
●めん棒
●ストロー

※オーブン粘土はオーブンで焼く必要がありますが、自然乾燥だけで固まるタイプの粘土が、100円ショップなどで購入できます。

①石紛粘土をこねる

粘土をクッキングシートなどの上に広げ、手でよくこねて柔らかくします。ヘラでいつくかにカットしておくと、こねる作業がラクになります。

②めん棒で伸ばす

めん棒を使って、5~6mmぐらいの厚さに伸ばします。

③正方形にカットする

10cm角の正方形に形成します。

④ジェルパウダーをふりかける

好みの2色のジェルパウダーをふりかけて、定着させます。

⑤くるりと巻いて、少し重ねる

ジェルパウダーをふりかけた面を外側にしてくるりと巻きます。くっつきにくい場合は、水をつけてください。

⑥内側にもジェルパウダーをふりかける

内側の見える部分にも、少しふりかけます。

⑦壁掛け用の穴をあける

ストローを差して穴をあけます。

⑧乾燥させて完成

乾燥させるだけで固まる粘土も、種類が豊富です。絵の具やジェルパウダーなどを加えて、好みのフラワーコーンの一輪挿しがつくれます。
※乾燥時間は、使う粘土の使用説明に従ってください。

◆石粉粘土に絵の具を混ぜて

粘土に絵の具を数回に分けて入れて、こねます。
絵の具の量や混ぜ方によって、表情豊かなマーブル模様を楽しめます。

◆素焼き調粘土を使って

素焼きのような素朴な仕上がりになります。好きな模様を絵の具で描いて絵付けをしてください。

ページの先頭へ