Panasonic リフォーム Club
TOP TOPリフォーム事例検索検索結果

検索結果 2件中 12件目を表示
予算
新着順|新|
  • 先祖代々、およそ100年にわたって受け継がれてきたE様邸ですが、経年による老朽化や天井の低さ、冬の寒さなど、お悩みが尽きなかったと言います。そこで「家検」で住まいの状態を診断。部分的なずれや歪みを解消し、耐震補強も施した上で「このまま子孫までの財産としてこの家を末永く残していきたい」とリフォームされることとなりました。まずはお部屋を狭く見せていた天井を外し、田の字の和室の一部を解体して一間続きのLDKに。古民家ならではの高い小屋裏を活かして天井を上げ、勾配天井としました。あらわしになった大きな梁は、この家の長い歴史を支えてきた力強さに満ちています。また、元々あったガラス瓦の天窓も位置を見直し、部屋全体にやわらかな日差しが降り注ぐようになりました。E様ご自身も「これほど開放的になるとは」と驚かれています。ゆったりとした開放感の生まれたリビングには、掘りごたつを採用しました。冬だけでなく、夏にも足を伸ばしてくつろげる居心地のいい場所です。また音楽鑑賞が趣味のE様のご要望で、スピーカーも4箇所に設置。空間に広がりが生まれたことから音の響きがよく、まるでコンサートホールのような臨場感が楽しめます。また、奥様にとって嬉しい空間もたくさん。対面型になったキッチンは動線にも優れ、水廻りへのアクセスもスマート。小物をすっきりとディスプレイできるニッチスペースも各所に設けています。新設した風の通り抜けるサンルームは、雨の日の洗濯の心強い味方。奥様の大のお気に入りです。さらに家全体には断熱材や複層ガラスサッシを取り入れ、冬でも暖かく快適に。古き良き趣はそのままに、暮らしに必要な機能や性能がライフスタイルに合わせて一新されました。
    施工店: 株式会社タナカ住建(旧:リファイン高陽)
    工事部位:キッチン、リビング、トイレ、寝室、和室
    リフォーム情報を詳しく見る
  • 多くの中古物件を検討した中でも、特にこの家が気に入ったと語るK様。「昔から『和のもの』が好きなんです」と奥様がおっしゃる通り、購入した物件は懐かしい昭和の趣が残る日本家屋。「残せるものは残したい」とのご希望通り、既存の雰囲気を損なわない工夫が行き届いています。襖で仕切られていた続き間は、大空間のLDKに変身。既存の欄間はそのまま活かし、廊下のガラス戸を移設して間仕切りとして再利用しました。古い柱の色に合わせ、システムキッチンの扉柄をセレクトし、無垢のパイン材を使った床材は煤竹色に塗装。多くの選択肢から選びに選び抜いて、ようやくたどり着いた納得の色合いだそうです。シックな色合いが空間を引き締め、高級旅館のような仕上がりになりました。
     ダイニングと一体となったリビングも、畳部分を6帖分残し、周囲をフローリング敷きとすることでワンちゃんも走り回れる空間に。床の間だったスペースはAV機器用の収納を埋め込みで造作し、壁面は藁を圧縮したエコ素材の仕上げとしました。和の空間にマッチする仕上がりで、ご夫婦が一番お気に入りのポイントなのだとか。間接照明の柔らかなあかりも、豊かな質感と表情を際立たせてくれます。また、LDK以外にも、ご家族やお客様をお出迎えする玄関正面には円形のニッチを造作。金箔風クロスのその仕上げは、まるで空に浮かぶお月さまがお出迎えをしてくれているようです。住まいの顔となる空間から毎日過ごすくつろぎの場所まで、古さと新しさが調和した個性的なレトロスタイルの住まいとなりました。
    施工店: 株式会社タナカ住建(旧:リファイン高陽)
    工事部位:キッチン、ダイニング、リビング、浴室、トイレ、玄関・廊下
    リフォーム情報を詳しく見る
検索結果 2件中 12件目を表示
予算
新着順|新|
ページの先頭へ