PanasonicリフォームClub
TOP TOP > リフォームでもっと暮らしを愉しもう > Enjoy! DIY > 暮らしを愉しむ13.不揃いの端材でつくるクリスマスツリー

暮らしを愉しむ

Enjoy! DIY

不揃いの端材でつくる、
クリスマスツリー

端材を使って、クリスマスツリーをつくりませんか。長さを少しずつ変えてカット、穴をあけ棒を通してツリーの形に組みたてるだけ。色合いや木目の表情がそれぞれ違ってユニーク。世界にひとつのツリーに変身します。

<用意するもの>

●端材各種
(サクラ、クスノキ、ブヒンカなど)
●角材(台用)
●丸棒
●ノコギリ
●電気ドリル

①端材をカットする

ツリーの形をつくれるよう、端材の長さを少しずつ変えてノコギリでカットします。
角材などを台にして、端材を載せて切るとスムーズにできます。

②ツリーの形に仮置きする

カットした端材を並べて、ツリーの形をつくってみます。

③台用の角材に穴をあける

角材にドリルで穴をあけます。
角材は適度な大きさにカットします。

④端材に穴をあける

端材1枚1枚の中央部に穴をあけます。薄い端材の場合は、割れてしまわないように気をつけて作業をしてください。

⑤上部の短い端材から丸棒にさしていく

上になる短い端材から順に丸棒に通していきます。丸棒を角材の台にさして固定させると安定し、通すのがラクです。1枚1枚ていねいに通してください。

ツリーの下部になる長い端材を通す際には、ツリー全体が重くなり、固定しづらくなります。作業しやすいようツリーの向きを変えながら端材を通してください。

⑥ツリーの丸棒を、角材の台にさす

組みたてたツリーの丸棒を、台にさして自立させます。

⑦ツリーの端材の角度を整える

端材は1枚1枚クルクル回せるので、バランスを見ながら広げていくと、また違った表情になります。

⑧完成

木目の表情が生きた素朴なツリーですが、お好みの塗料で着色したり、多彩なオーナメントで飾りつけても楽しめます。

ページの先頭へ