PanasonicリフォームClub
TOP TOP > リフォームでもっと暮らしを愉しもう > Enjoy! DIY > 暮らしを愉しむ6.伝言板にもなるオリジナル時計をつくる

暮らしを愉しむ

Enjoy! DIY

伝言板にもなる
オリジナル時計をつくる

手作り時計用のパーツセットを利用すれば、手軽にオリジナル時計が作れます。今回は家族の伝言板にもなる、黒板付の時計を作ってみます。

<用意するもの>

●時計パーツ(ムーブメント、針)
●端材(キリ材)[本体・黒板用]
●ベニヤ板[チョーク置き用]
●タイルまたは板材[文字盤用]
●黒板塗料
●水性塗料(ニスなど)
●ホワイトペン
●釘
●木工用ボンド
●電動ドリル

①端材をカットして塗装する

軽くて加工しやすいキリ材なら、小さなのこぎりでも簡単にカットできます。
ニスなど、お好みの塗料をぬっておきます。

塗ったところが黒板になる黒板塗料
伝言板になる部分には黒板塗料を塗っておきます。

②文字盤に穴をあける

文字盤の部分は、板に好きな色を塗ったり、絵を描いたりして作ってください。
今回は表情が美しいタイルを使いました。
タイルを使う場合は、専用のドリル刃を使って電動ドリルで穴をあけます。(ドリル刃の使用説明に従ってください)

③本体にタイルと黒板を貼り付ける

木工用ボンドで取り付け、文字盤を重ねた本体にも穴をあけます。

④ムーブメントを取り付ける

時計の針をチックタックと動かしている部分がムーブメントです。
ムーブメントの先をタイルと本体の穴にはめて、板の裏側にボンドでくっつけます。

⑤時計の針をはめる

ムーブメントがしっかりはまっているのが確認できたら、時針、分針、秒針の順にはめていきます。

⑥チョーク置きを組み立てる

ベニヤ板をボンドで接着してチョーク置きをつくり、本体に釘で固定します。

⑦文字盤をつくる

バランスを見てホワイトペンで12時、3時、6時、9時のところに印をつけます。

⑧完成

支え木を背面に取り付けると、自立する置時計が完成します。

ページの先頭へ