PanasonicリフォームClub

福島県 K様邸

住む人みんなに快適を。
介護を応援する家。

ページ下にも詳細写真を
掲載していますのでぜひご覧ください。

高齢者施設に入居中の叔父様がいつ帰ってきてもいいように、住まいをリフォーム。車椅子で室内を移動できるように段差をなくしたり、扉をすべて引き戸にしたり、バスルーム・トイレ・洗面室も介助しやすいように広くする。そんな基本的な介護に対応できる改修を施すのはもちろん、心安らいで過ごしていただけるように、自然素材を多く採用しました。

壁はシラス壁に。調湿だけでなく防臭効果も期待ができます。床材は木目の凸凹を活かした浮造(うづく)り仕上げの杉板で、空間を明るく表情豊かに演出。リビングの天井材も杉板を使用したので、木の爽やかな香りが空間を包みます。

暗かった北側のキッチンは、南側の和室とつなげて広くしたことで日差しが入り明るく。天井も高くして、開放感のあるLDKとなりました。

介護する側も、される側もどちらにとっても心地よく過ごしやすいリフォームとなりました。

プランナーのイチオシ!

高気密・高断熱住宅へとリフォーム。大空間でもあたたかさが逃げにくくなります。

スクリーンウォールで仕切ると個室としても使える畳コーナー。

K様

ベンチ代わりにもなってダイニングの会話に入れるし、畳の上でゴロンとくつろげる。畳の下は、たっぷりの収納。スクリーンウォールを閉めれば個室になり、親戚や友人が来ても宿泊してもらえます。(K様)

リフォームアドバイス

氏家 久雄さん(ショップ担当者)

段差をなくすバリアフリーだけでなく、断熱リフォームで温度差をなくす「温度のバリアフリー」への配慮もおすすめします。

before

after

福島県 K様邸

家族構成:2人(ご主人、叔父様)
建物:戸建て
築年数:38年
施工期間:159日間
工事面積:118m2

総費用 約2,343万円

使用したパナソニック設備建材

  • システムキッチン「ラクシーナ」
  • システムバスルーム「リフォムス」
  • 洗面ドレッシング「シーライン」
  • トイレ「アラウーノL150シリーズ」
  • 間仕切り開閉壁「スクリーンウォール」
  • 「畳が丘」
  • 給湯器「エコキュート」
  • エアコン「UXシリーズ」