Panasonic リフォーム Club
TOP TOP > リフォームイベント&キャンペーン > お手軽郷土料理レシピ > 郷土料理一覧 > 2010年11月
 

11月の郷土料理

新潟県 けんさ焼き

ちょっと小咄

コシヒカリの産地としても有名な新潟県魚沼地方に伝わる、米への
感謝の気持ちを表現した、今でも大切にされている郷土料理です。
一説には上杉謙信が「剣」の先におむすびを刺して、焼いて食べた、
「剣先焼き」がなまって「けんさ焼き」になったと伝えられています。
お正月の夜食としても、現在では新米の収穫を祝う行事食にもなっています。

材料(4人分)

ごはん
400g
味噌
40g
砂糖
適量
しょうが
(小)一個
ねぎ
適量
ゆず
適量
ごま
適量
かつおぶし
適量
焼きのり
適量

作り方

  • 1.しょうがとゆずの皮はすりおろし、ねぎはみじん切り、ごまはすり鉢ですり、それぞれ味噌と合わせ、「しょうがみそ」、「ゆずみそ」、「ねぎみそ」、「ごまみそ」などを事前に作っておく。
    作り方
  • 2.ごはんを円盤形に握る。中央をくぼませて、両面をさっと焼く。
  • 3.(1)のみそを塗り、焦げ目がつく程度にこんがり焼く。
    作り方
  • 4.そのままいただく。熱いお茶や湯を注ぎ、のりやかつおぶしをかけてお茶漬けにしても良い。

新潟県の故郷情報

ページの先頭へ