PanasonicリフォームClub
TOP TOP > リフォーム事例・お客様の声 > リファイン大賞 > リファイン大賞2015 > 全国最優秀賞 Case 02 広島県 K様邸

残せるものは残して既存の味わいを活かす

 多くの中古物件を検討した中でも、特にこの家が気に入ったと語るK様。「昔から『和のもの』が好きなんです」と奥様がおっしゃる通り、購入した物件は懐かしい昭和の趣が残る日本家屋。「残せるものは残したい」とのご希望通り、既存の雰囲気を損なわない工夫が行き届いています。襖で仕切られていた続き間は、大空間のLDKに変身。
既存の欄間はそのまま活かし、廊下のガラス戸を移設して間仕切りとして再利用しました。古い柱の色に合わせ、システムキッチンの扉柄をセレクトし、無垢のパイン材を使った床材は煤竹色に塗装。多くの選択肢から選びに選び抜いて、ようやくたどり着いた納得の色合いだそうです。シックな色合いが空間を引き締め、高級旅館のような仕上がりになりました。

広島県 K様邸

広島県 K様邸 担当/田中さん

最初に見せていただいたプランニングが完璧でした!想像していなかった間取り変更でさすがだなあと感心しましたね。

「和のもの」の良さにモダンさをプラス

 ダイニングと一体となったリビングも、畳部分を6帖分残し、周囲をフローリング敷きとすることでワンちゃんも走り回れる空間に。床の間だったスペースはAV機器用の収納を埋め込みで造作し、壁面は藁を圧縮したエコ素材の仕上げとしました。和の空間にマッチする仕上がりで、ご夫婦が一番お気に入りのポイントなのだとか。間接照明の柔らかなあかりも、豊かな質感と表情を際立たせてくれます。また、LDK以外にも、ご家族やお客様をお出迎えする玄関正面には円形のニッチを造作。金箔風クロスのその仕上げは、まるで空に浮かぶお月さまがお出迎えをしてくれているようです。住まいの顔となる空間から毎日過ごすくつろぎの場所まで、古さと新しさが調和した個性的なレトロスタイルの住まいとなりました。

総費用 約760万円

・施工期間/約70日 ・建物/戸建
・工事面積/110㎡ ・家族構成/3人

使用したパナソニック設備建材
・システムキッチン「ラクシーナ」
・全自動おそうじトイレ「アラウーノ」
・玄関収納「コンポリア」
・インテリア住宅部材「ベリティス」
・インテリア住宅部材「Archi-spec」
・給湯器「エコキュート」
Before After
ページの先頭へ