PanasonicリフォームClub
TOP TOP > リフォーム事例・お客様の声 > リファイン大賞 > リファイン大賞2014 > データ・トレンド分析

全国630の応募作品から568件を徹底解剖!! データ・トレンド分析

  • 日本全国から寄せられた応募作品をもとに、さまざまなデータ分析。
    今のライフスタイルに求められるリフォームの傾向がわかります。

  • リフォームの多い部位ランキング
  • キッチン

    • 水廻りを一度にリフォームしたかった
    • 旧くて使いにくい設備や機能を一新したかった
    • リビングと近い場所に間取り変更したかった
  • リビング

    • 家族が自然と集まれる場所にしたかった
    • 使っていない部屋を取り込んで、広い空間にしたかった
    • 収納が少ないため、モノがあふれて狭く感じていた
  • 洗面所

    • 散らかりがちなので、収納スペースがたっぷり欲しかった
    • デザインや色にもこだわって、自分好みの空間に変えたい
    • 明るくて気持ちよく身支度ができる洗面にしたい
  • 浴室

    • 冬場の寒さを気にせず入浴したかった
    • 窓が無いので、通気性が悪く湿気がこもりがちだった
    • 手すりなどバリアフリーに配慮した浴室にしたかった
  • トイレ

    • 水廻りを一箇所に集約して行きやすくしたかった
    • お掃除の手間を省いて、清潔な使い心地にしたかった
    • 車椅子が入っても充分な広さを確保したかった
    • 照明器具
    • 寝室・個室
      玄関
      電気設備
    • 廊下・階段
      外装
      和室
  • 水廻りの需要は依然と高いものの、やはりダントツでトップはキッチン。
    次いでリビングと、LDKの一体感を求める傾向が見受けられます。

  • リフォームを決めた
    理由ランキング

        ライフスタイルの変化など
        にともなう間取り変更が増
        加。住まい方に対して柔軟
        に捉える方が多くなってい
    るのではないでしょうか。

    • 設備の老朽化対策
    • 間取りの変更
    • ユニバーサルデザイン・バリアフリー
    • 断熱
    • 省エネ
    • 収納の改善
    • 工事期間
    • 工事面積
    • リフォームが多い築後年数
    •     キッチンやサニタリーなどの
          水廻りを優先する方が多いこ
          とから、1ヶ月といった短期
      間の済みながらリフォームが多いこと
      がわかります。
    •     小さな箇所のリフォームに加
          え、やや広い範囲でのリフォ
          ームが増加。空間全体でリフ
      ォームを考えるケースが浸透してきて
      いるようです。
    •     最も多い20~30年という
          年数は、家自体の老朽化も
          進み、家族構成も変化の多
      いタイミング。まさにリフォーム適
      齢期といえる期間です。
  • 部位別平均予算

        前年と比べて
        各部位にかけ
        る費用がアップしていることがわかります。キッチンは重要・こだわりともに高い部位だといえるでしょう。

  • リフォームを実施された
    お施主様の年代比

        バリアフリーや二世帯化など、
        住まい方の選択肢が増えるこ
        とから、やはり50~60代とい
        う定年前後のご世帯によるリ
    フォームが半数を占めています。

  • 年代別
    リフォーム費用

         1,000万円以上かけてリフ
         ォームを行う20~30第は
         依然増加傾向。中古住宅を
         購入して好きに暮らすスタ
    イルはかなり浸透しているのでは。

  • マンション編データ

    • LDK
    • 洗面所
    • トイレ
    • 浴室
    • 個室
    • 今年はマンション事例が豊作。コスト面でも戸建てに比べ取りかかりやすく、こだわりを反映しやすいのが特徴。
    • 限られた空間をできるだけ広く、トータルに改善しようというリフォーム傾向。LDK全体を含めたケースが圧倒的多数です。
ページの先頭へ