PanasonicリフォームClub
TOP TOP > リフォーム事例・お客様の声 > リファイン大賞 > リファイン大賞2014 > あなたの家が年金に!

これからのリフォーム論

耐震リフォーム・住み替えで あなたの家が年金に!

長い人生、マイホームと住む人の関係もさまざまに移り変わります。リフォームでJTIの定める耐震基準をクリアした「かせる

ストック(既存適合住宅)」に認定されれば、家賃収入が得られ、わが家を年金として資産活用する事が可能なのです。

建築基準法は、1995年の阪神淡路大震災を経て
2000年に大きく改正されています。したがって、
1981年以降に建てられた新耐震基準の家でも、
最も古い建物は築30年以上が経過し、さまざまな
劣化が見られることから、耐震性能は決して充分と
はいえないのです。将来的に永く住み継ぐために、
今こそ早めの改修をするチャンスです。

リフォームによってJTIが定める耐震基準をクリアすると、「マイホーム借上げ制度」
が利用できる「かせるストック(既存適合住宅)」としての認定が受けられます※1
住みかえが必要になった場合も、スピーディに賃貸化。すぐに貸せる「年金」として
活用できるのです。

築20年という年数は、わが家の「これから」を考える上での大きな目安。設備
の消耗や家族構成の変化などから、住みかえやリフォームが視野に入ってき
ます。その際の選択肢のひとつとして今後ますます求められるであろう「わが
家の年金化」。老朽化が進む家を手放すのではなく、リフォームによって若い
方にもう一度住んでもらうという、既存住宅の新たな活用法です。

詳しくはお近くのリファインショップへご相談ください。

(一部ショップを除く)

ページの先頭へ