Panasonic リフォーム Club
TOP TOP > リフォーム事例・お客様の声 > お客様の声 > vol.3

Reform Interview 3 リファインでかなえた理想の暮らし 新婚生活はホテルライクに 愛知県 U様邸 担当/リファイン安城

リフォーム前のお困りごと

新婚生活の夢とはほど遠い昔ながらの和室二間続きの借家でした。
15年前に祖父が建て、その後、借家として使われていた住まいを結婚生活のスタートとして選ばれたU様ご夫妻。しかし、その家は、和室2部屋を襖で仕切ったひと昔前の間取りで、心の中で描いていた洋風の新婚生活のイメージとのギャップに、戸惑われていました。

U様ご主人

U様邸 Before

困った!01

ソファを置いてふたりでくつろぐ夢も
純和風の住まいでは難しい

新婚生活はソファやベッドを置いてふたりで気持ちよく過ごしたいと思っていたのですが、この家は見事に純日本風の建築でした。最低でも、和室を洋室にしたいと考えました。

困った!02

一つ一つの部屋が狭くて窮屈。
もっと広びろと暮らしたい

広びろとした空間でゆったりと過ごしたいと思っていたので、天井が低い和室はいかにも窮屈に見えました。縁側も特に必要とは思えず、スペースがもったいなく感じました。

困った!03

妻の洋服がたくさんあるのに、
収納のスペースが足りない

寝室にはクイーンサイズのベッドを置いて、ゆったりくつろぎたいと思っていました。妻の洋服が多く収納を充実させたいと思っていましたが、昔ながらの押し入れでは収納量が足りず、洋服などを吊せない状況でした。

ページトップへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

掲載事例は、「Panasonic リフォーム Club」の前身の「リファイン」のものです。現在、「Panasonic リフォーム Club」への移行作業中ですので、社名などが現在とは異なる場合もございます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ