Panasonic リフォーム Club
TOP TOP > リフォーム事例・お客様の声 > お客様の声 > vol.1

Reform Interview 1 リファインでかなえた理想の暮らし 伝統の丸太梁が見守り続ける家 滋賀県 Y様邸 担当/リファイン草津

リフォーム前のお困りごと

ジャンパーを着込んで「さあ、やるぞ」って気合いを入れて炊事をしていました。
台所の大半が昔ながらの土間という築90年の古民家にお住まいのY様。冬場の土間は大変冷え込み、台所仕事にはジャンパーが欠かせなかったそうです。下水道が通ったのをきっかけに、長年の不便さを解消しようと、リファインに相談されました。

Y様ご夫妻

Y様邸 Before

困った!01

ご飯を炊くにも段差約50㎝を
上ったり下りたりと大変でした

土間にしか水道がなかったため、食堂でお米を入れたら、土間に下りてお米をといで、また食堂に上がって炊飯器にセットしてと、段差約50㎝を往復しなければなりませんでした。

困った!02

ダイニングから離れた
別棟にあるトイレ

トイレが普段過ごすダイニングから離れた別棟にあったため、夜中や寒い日は特におばあちゃんの負担になっていたと思います。狭いことも気になっていました。

困った!03

水漏れする上にタイルも割れて
隙間風が入る寒いお風呂

お風呂は老朽化して漏水していました。洗い場のタイルが割れたので、コンクリートにしてマットを敷いたのですが、髪の毛がからんで掃除が大変。冬場は寒くて困っていました。

ページトップへ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

掲載事例は、「Panasonic リフォーム Club」の前身の「リファイン」のものです。現在、「Panasonic リフォーム Club」への移行作業中ですので、社名などが現在とは異なる場合もございます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

ページの先頭へ